定義如来西方寺御廟貞能堂 ていぎにょらいさいほうじごびょうさだよしどう

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 東北 

宮城県
昭和前/1927
木造平屋建、銅板葺、建築面積165㎡
1棟
宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
登録年月日:20180327
登録有形文化財(建造物)

平貞能の墳墓上に建てられた小堂を起源とし、前身堂の部材を一部再用した。六角堂の背後に方形の裏堂が附属する構成で、屋根は銅板葺の六注造宝塔屋根付。周囲に裳階状の廻廊が廻り、正面に向唐破風付向拝を付す。外部を中心に彫刻で飾る特色ある堂宇である。

作品所在地の地図

関連リンク

定義如来西方寺御廟貞能堂チェックした作品をもとに関連する作品を探す

定義如来西方寺御守授所
定義如来西方寺山門
定義如来西方寺鐘楼堂
定義如来西方寺手水舎
貞照寺本堂
ページトップへ