連続移動型ワゴンドッファ(ACD) れんぞくいどうがたわごんどっふぁ(えーしーでぃ)

その他 / 昭和以降 

愛知県
昭和以降/1968
150×175×155
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
株式会社豊田自動織機

連続自動紡績TASに採用され、満管ボビンと空ボビンを交換する作業を自動化し、精紡工程を省力化しました。移動しながら、ボビンの交換作業を連続的に行うのが特徴です。1台のキャリヤと2台のドッファで構成され、1セットで数十台の精紡機を受持つことができます。
展示機は、1968年株式会社豊田自動織機製のものです。

関連リンク

連続移動型ワゴンドッファ(ACD)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

間欠移動型ワゴンドッファ
粗紡ワゴンドッファ
RY型リング精紡機
粗糸替機
粗糸搬送システム
ページトップへ