浦佐毘沙門堂の裸押合 うらさびしゃもんどうのはだかおしあい

その他の画像全8枚中8枚表示

無形民俗文化財 / 中部 

指定年月日:20180308
保護団体名:浦佐毘沙門堂裸押合大祭委員会
備考:公開日:毎年3月3日(指定当時・お出掛けの際は該当する市町村教育委員会などにご確認ください)
本件は、「…
重要無形民俗文化財

 本件は,新潟県南魚沼市浦佐にある普光寺の毘沙門堂で行われる春先の行事で,寒冷のなか上半身裸の男性たちが除災招福や五穀豊穣等を願って堂内で激しく押合いをする。行事の運営は,浦佐多聞青年団と呼ばれる若者集団が大きな役割を担っており,この地域の青年たちの通過儀礼ともなっている。
 毘沙門天の信仰を支える講中も新潟県内を中心に各地にあり,行事に際して,大きなローソクや餅が奉納される。当日は,参加する男性の集団が夕方から境内で水行した後,毘沙門堂に参集し,毘沙門天を祀る内陣前で深夜まで押し合う。押合いの最中には,餅や盃等の福物の撒与があり,これを裸の男性たちが奪い合う。行事の最後には,年男をつとめる井口家の当主が青年団に肩車されて入堂し,五穀豊穣を祈願するササラスリが行われる。
(※解説は指定当時のものをもとにしています)

関連リンク

浦佐毘沙門堂の裸押合チェックした作品をもとに関連する作品を探す

浦佐毘沙門堂の裸押合の習俗
烏喰の行事
手熊・柿泊のモットモ
粟田部の蓬莱祀
三島のサイノカミ
ページトップへ