紙本金地著色洛中洛外図〈/六曲屏風〉 しほんきんじちゃくしょくらくちゅうらくがいず〈/ろっきょくびょうぶ〉

その他の画像全2枚中2枚表示

日本画 / 江戸 / 関東 

東京都
江戸時代/17世紀
紙本金地著色,屏風装
寸法 各隻 150.5㎝×349.0㎝
1双
東京都台東区上野公園13-9
重文指定年月日:
国宝指定年月日:
登録年月日:20170731
登録美術品

 洛中洛外図は,京の洛中(らくちゅう)(市街)と洛外(らくがい)(郊外)を一望のもとに俯瞰(ふかん)的に表現し,多くは屏風形式で作成されたもので,室町時代後期より江戸時代中期にかけて盛んに制作された。社寺仏閣等の京の名所や公武の邸宅,商家の家並みの合間に,あらゆる階層の人々の生活や風俗を密画的手法で表現する。また,金雲によって画面を分節しながら空間構成しつつ,四季の移ろいを表す自然の景観や行事・祭礼を同時に表現する。
 本作は,右隻(うせき)に方広寺(ほうこうじ)大仏殿(だいぶつでん)や祇園会(ぎおんえ)のにぎわいを,左隻(させき)に二条城(にじょうじょう)行幸(ぎょうこう)の還御(かんぎょ)の様子を描く。建物や町並みを詰め込まずに限定されたモチーフを配置し,人々の活動する様を比較的大きめに詳細に描く。穏やかで曲線的な人物描写は,近世初期風俗画として見どころがある。特に,祇園会の描写は優れており,山鉾(やまぼこ)の内の囃子(はやし)方や鉾(ほこ)を力強く曳(ひ)く町衆,音頭取り,山鉾を見上げる見物の人々等が丁寧に描かれている。また,右隻の五条河原には巴紋(ともえもん)の櫓幕(やぐらまく)をあげた歌舞伎小屋が,四条河原にも2つの歌舞伎小屋が描かれ,うち下り藤紋(くだりふじもん)の櫓幕を施された小屋には,「定(じょう)ふたい」と墨書が施されていることから,当時既に常設舞台小屋による歌舞伎興行が行われていたことがうかがえる。
 また,清水寺の桜花や四条河原での水遊び,6月に開催される祇園会等,右隻には春夏の風景が描かれ,左隻には,紅葉や雪をいただ…

関連リンク

紙本金地著色洛中洛外図〈/六曲屏風〉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

洛中洛外図
洛中洛外図屏風
洛中洛外図屏風(二条城)
紙本金地著色洛中洛外図〈/六曲屏風〉
洛中洛外図屏風
ページトップへ