住吉蒔絵硯箱 すみよしまきえすずりばこ

工芸  漆工 / 江戸 / 日本 

山本春正作
やまもとしゅんしょう
江戸時代中期
高蒔絵 研出蒔絵
縦27.2cm 横23.9cm 高5.3cm
1合

箱書き墨書から、本硯箱が京都・泉涌寺に東山天皇(在位1687~1709)の遺愛品として伝えられたものと知られる。住吉大社を描いた蓋表蓋裏の図様は、蒔絵師春正の下絵集『春正百図』の中に見ることが出来る。春正家は初代山本春正以来代々京都の蒔絵師であったが、寛政元年(1789)、五代目春正正令の時に名古屋に移った。

作品所在地の地図

関連リンク

住吉蒔絵硯箱チェックした作品をもとに関連する作品を探す

撫子蒔絵硯箱
撫子蒔絵硯箱

山本春正作

砧蒔絵硯箱
比良山蒔絵硯箱
梨子地稲穂蒔絵硯箱
柴垣蔦蒔絵硯箱
ページトップへ