柳鷺図 りゅうろず

江戸 / 和歌山県 

徳川斉彊 (1820~1849)
とくがわなりかつ
江戸時代後期
絹本著色
120.3×48.7㎝
一幅

紀州藩十二代藩主・徳川斉彊(1820~1849)が描いた図。雪が深々と降る柳の下にたたずむ2羽の鷺を描いている。斉彊の父は11代将軍・徳川家斉(いえなり)。斉彊は若くしてその才能を買われたが、嘉永2年に30歳で没した。斉彊の没後、紀州藩主を受け継いだのは、後に14代将軍・家茂(いえもち)となる徳川慶福(よしとみ)。

作品所在地の地図

関連リンク

柳鷺図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

徳川吉宗肖像
雪中牡丹図
雪中牡丹図

徳川治宝

徳川茂承写真
一行書 蘭有秀
一行書 蘭有秀

徳川家茂

徳川斉順帰国行列図
ページトップへ