花卉草虫図 かきそうちゅうず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

山本梅逸(1783~1856)筆
やまもとばいいつ
江戸時代後期/弘化元年(1844)
絹本着色
本紙縦147.0cm 横86.0cm
1幅

山本梅逸は尾張南画の第一人者で、50才以降は主に京都で活躍した。江戸時代後期、博物学の流行とともに、絵画作品の中に現れる昆虫の数が急増し、その正確さも格段に進歩する。梅逸の花鳥画もその流れをくみとり描かれるようになる。本資料はその技術の極致ともいえる作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

花卉草虫図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

畳泉密竹図
畳泉密竹図

山本梅逸(1783~1856)筆

四季花鳥図屏風
四季花鳥図屏風

山本梅逸(1783~1856)筆

八松双鷹図
八松双鷹図

山本梅逸筆

青緑山水図
青緑山水図

中林竹洞(1776~1853)筆

琵琶湖真景図
琵琶湖真景図

中林竹溪(1816~1867)筆

ページトップへ