瀧口家住宅中門及び袖塀 たきぐちけじゅうたくちゅうもんおよびそでべい

住居建築 / 大正 / 中国・四国 

広島県
大正/1913
中門 木造、瓦葺、間口1.7m 袖塀 木造、瓦葺、総延長12m
1棟
広島県庄原市春田町字岩見1-1
登録年月日:20180327
登録有形文化財(建造物)

主屋から長屋門へ南北棟で建ち、主屋の玄関前と座敷や客殿の庭園を区画する。中門は、間口一・七メートルの薬医門で、切妻造桟瓦葺。袖塀は木造で、腕木で桁を支持する。柱、楣、桁、垂木まで丸太材が用いられ数寄屋風意匠であるが、木割は太く堂々たる構え。

作品所在地の地図

関連リンク

瀧口家住宅中門及び袖塀チェックした作品をもとに関連する作品を探す

真鍋家住宅中門及び塀
小島家住宅中門及び庭塀
旧平田家住宅中門及び塀
瀧口家住宅客殿及び渡廊下
平尾家住宅中門及び板塀
ページトップへ