間重富関係資料 はざましげとみかんけいしりょう

文書・書籍 / 江戸 / 近畿 

大阪府
江戸時代
一、著述稿本類 36点
一、測量記録類 429点
一、文書・記録類 168点
一、典籍類 87点
大阪府大阪市中央区大手前4-1-32
大阪府大阪市西区北堀江4-3-2
重文指定年月日:20160817
国宝指定年月日:
登録年月日:
国宝・重要文化財(美術品)

間重富(1756~1816)は、江戸時代後期の在野の天文暦学者で、天体観測に基づく天文学研究を発展させた麻田剛立の門下生である。寛政7年(1795)に幕府の暦学御用を勤めるために、同門の高橋至時(1764~1804)とともに出府し、同9年に我が国ではじめて西洋天文学の知識を導入し作成した寛政暦法を完成させた。
 本件は、寛政改暦をはじめ江戸時代後期における天文暦学に関する事績を有した間重富から重明までの4代の間に間家に伝来したと認められる資料群で、内容から6種類に分類される。
 著述稿本類は、重富・重新の著述稿本類と、重富による『ラランデ暦書』の訳書の草稿類等、天文暦学関係のものを中心とする。ほかに重新自筆の重富の伝記「先考大業先生事跡略記草稿」は、重富に関する同時代の伝記として注目される。
 測量記録類は、間家実施分を中心に、幕府天文方や地方の門人等から間家に報告されたもの429点を数え、本資料群の中核を占める。測量野帳類、測量結果を考察、推歩し成稿した測量記録類、測量記録の写本類の3種に大別される。測量対象別では2至2分における太陽赤道経緯度、日月食、五星及び天王星、凌犯(掩蔽)、彗星等に分けられる。測量機会が多い日月食の測量記録が最も多く、無測時を含め87回分と多数を数える。これらは、幕府天文方のまとまった測量記録が限られる中で、江戸時代後期の我が国の天体測量記録群として一次史料を多く含む質量ともに豊富な史料群と評価されよう。
 文書・記録類は、文書90点、記録20点、書状58点に大別され、内容は(御用)測量に関するものが最も多く、外国と我が国の度制を比較検討した古尺取調に関するもの、大坂城代…

作品所在地の地図

関連リンク

間重富関係資料チェックした作品をもとに関連する作品を探す

久米通賢関係資料
小野蘭山関係資料
菅茶山関係資料
武雄鍋島家洋学関係資料
石黒信由関係資料
ページトップへ