足踏み織機 あしふみしょっき

その他 / 昭和以降 

松田 繁次郎
まつだ しげじろう
静岡県
昭和以降
123×190×124
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
1892年
特許取得
トヨタ産業技術記念館

1892年三重県の松田繁次郎が足踏織機の特許を取得し、手を使わず足で踏木を踏む操作により、開口、よこ入れ、筬打ちの三つの運動を行わせる織機です。これは動力織機に通じるもので、特筆される発明でした。また第二次世界大戦後まで、遠州地方をはじめとする機業地の中小織布工場などで、運転費用の安い織機として使われていました。
展示機は、1940年代まで遠州の浜北地方で使われていたものです。

関連リンク

足踏み織機チェックした作品をもとに関連する作品を探す

環状織機
環状織機

豊田 佐吉

豊田式木製人力織機
豊田式木製人力織機

豊田 佐吉

豊田式鉄製自動織機(T式)
豊田式鉄製広幅動力織機(N式)
豊田式汽力織機
豊田式汽力織機

豊田 佐吉

ページトップへ