竹図屏風 たけずびょうぶ

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

日本
江戸時代
紙本金地著色 屏風装
左隻 縦157.0㎝ 横356.0㎝ 右隻 縦157.7㎝ 横357.6㎝
六曲一双
青森県弘前市大字下白銀町1-6 弘前市立博物館
弘前市 伝津軽家旧蔵品

津軽家旧蔵品と伝えられる。縁金物は葵紋である。「二之御丸御宝蔵御道具帳」(弘前市立弘前図書館蔵)の「十三番 御拝領金地竹之絵六枚折縁黒塗金物滅金葵御紋 御屏風一双」に当るか。細い筍が生え出す春の竹と、笹の葉が雪を被る冬の竹を描いている。後補の金箔による修復が惜しまれるが、空間の奥行きを感じさせるのびやかな描線の作品である。

作品所在地の地図

関連リンク

竹図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松竹梅鶴図屏風
雁図屏風
雁図屏風

狩野岑信

山水図屏風
山水図屏風

狩野常信

唐人図屏風
唐人図屏風

平尾魯仙

松藤菊図
松藤菊図

鶴沢探泉

ページトップへ