定義如来西方寺手水舎 ていぎにょらいさいほうじてみずしゃ

その他の画像全2枚中2枚表示

宗教建築 / 昭和以降 / 東北 

宮城県
昭和前/1932
木造、銅板葺、面積2.8㎡
1棟
宮城県仙台市青葉区大倉字上下1
登録年月日:20180327
登録有形文化財(建造物)

山門奥にあって参道の南側に建つ切妻造銅板葺の手水舎。四隅に角柱を立て、頭貫の位置に虹梁を入れ、天井は格天井とする。組物は三斗組、中備蟇股、軒は二軒繁垂木である。小ぶりながら装飾豊かで、本格的な意匠を備える境内建物。

作品所在地の地図

関連リンク

定義如来西方寺手水舎チェックした作品をもとに関連する作品を探す

定義如来西方寺鐘楼堂
定義如来西方寺山門
定義如来西方寺御守授所
萩原寺手水舎
定義如来西方寺御廟貞能堂
ページトップへ