練条機(DU型) れんじょうき(でぃーゆーがた)

その他 / 昭和以降 

愛知県
昭和以降/1958
130×210×160
1
〒451-0051
愛知県名古屋市西区則武新町4丁目1番35号
株式会社豊田自動織機

スーパーハイドラフト精紡法では、練条スライバーを直接精紡機に供給するために、仕上げ練条機として特別に開発された機械です。スライバーを収納するケンス(入れ物)を小型化するとともに、ドラフト倍率が6倍程度であったものを6.5〜7倍程度に高める構造になっています。
展示機は、1958年に製造され、日本の紡績会社で使用されていたものを1998年に復元したものです。

関連リンク

練条機(DU型)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

スーパーハイドラフトリング精紡機
練条機(DF型)
粗紡機(FS型)
プラット社製練条機
練条機DVA型
ページトップへ