琉球使節江戸登城行列図 りゅうきゅうしせつえどとじょうぎょうれつず

その他の画像全3枚中3枚表示

歴史資料 

江戸時代 19世紀
紙本著色
上巻:縦35.7 横2255.0下巻:縦35.6 横1881.4
2巻

本図は、琉球国王尚育(1813~1847、1835即位)の襲封を江戸幕府将軍・徳川家斉に謝恩するため、天保3年(1832)に日本に派遣された琉球使節(謝恩使)の江戸城登城行列を描いたもの。行列の全体を2巻に収め、上巻に琉球使節を、下巻には薩摩藩士の行列を描く。描写は人物の表情や行列道具など細部まで丁寧であり、かつ色彩豊かである。琉球使節は、朝鮮通信使とともに、大規模な外交使節として社会的な関心も高く、来日時には多くの刊行物や記録画が作成された。使節を描いた肉筆画作品も複数が確認されているが、画題となる使節の年次が明らかで、登城行列の全体を描いた図は、天保3年謝恩使についてはこれまで未確認であり、大変稀少性が高い。

作品所在地の地図

関連リンク

琉球使節江戸登城行列図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

琉球舞楽図巻
朝鮮通信使遺跡<BR/> 鞆福禅寺境内<BR/> 牛窓本蓮寺境内<BR/> 興津清見寺境内
朝鮮通信使来朝図
朝鮮通信使来朝図

羽川藤永筆

長州征伐行列図
琉球国中山王書翰並貢物目録      <BR/>  附 書翰箱               
ページトップへ