義倉勧農口上書 ぎそうかんのうこうじょうがき

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本  近畿 

桑山玉洲 (1746-1799)
くわやまぎょくしゅう
江戸時代中期
紙本墨書
縦16.0cm,全長101.9cm
1巻

 桑山玉洲の父・昌澄は和歌浦で廻船業に従事しており、玉洲も父の後をうけて家業を嗣いだ。やがて、新田開発にも携わるようになり、和田川中流に位置する海部郡吉原組付近(現・和歌山市安原地区)にある荒撫地などの開発を行った。明和5年(1768)に誕生した新出嶋村(現・和歌山市桑山)もその一つである。本品は、農業経営に従事していた玉洲が、紀伊藩から御救米が支給されるのに伴って、自らも分限(能力)に応じて米などを拠出し、貯蔵するための義倉の建設を願い出たものである。

作品所在地の地図

関連リンク

義倉勧農口上書チェックした作品をもとに関連する作品を探す

蘭石図
蘭石図

桑山玉洲

雲鶴清暁図
雲鶴清暁図

桑山玉洲

那智瀑布図
那智瀑布図

桑山玉洲

猛虎図
猛虎図

桑山玉洲

久野丹波守和歌浦荘図巻
ページトップへ