旧広瀬邸 きゅうひろせてい

その他の画像全2枚中2枚表示

住居建築 / 明治 / 愛媛県 

八木甚兵衛(二代目) (~大正4年)
やぎじんべえ
愛媛県
明治時代/1890
木造
1,361㎡(延建築面積)
7棟(重文指定物件)
愛媛県新居浜市上原二丁目3904番2
新居浜市
重要文化財

住友家の初代総理人を務めた広瀬宰平の建設した住宅。母屋は明治10年建築、明治20年に現在地に移築、新座敷と庭園は明治22年に建築・造園された。母屋は、伝統的な日本建築様式を持ちながら、西洋から輸入された板ガラス、避雷針、暖炉、洋式便器などを取り入れており、それらが見事に調和している。また、二階は望煙楼と称し市内を一望するつくりとなっている。新座敷は、別子銅山の開坑200年祭の迎賓館として建築されたもので、住友出入りの大工棟梁八木甚兵衛の手になり、数寄屋風の意匠を凝らした上質なつくりである。
旧広瀬邸は、敷地内の建物がほぼ全て残り、改造もほとんどなく、明治期の大規模和風住宅の姿を今日に伝える貴重な遺構である。

作品所在地の地図

関連リンク

旧広瀬邸チェックした作品をもとに関連する作品を探す

旧広瀬家住宅 金物蔵・米蔵
旧広瀬家住宅 表門
旧広瀬家住宅 門番所
旧広瀬家住宅 主屋
旧広瀬家住宅 乾蔵
ページトップへ