朝鮮諸人筆語詩巻 ちょうせんしょじんひつごしかん

その他の画像全3枚中3枚表示

文書・書籍 / 江戸 

江戸中期/1748年,1764年
紙本墨書
3巻
岸和田市

延享5(1748)年と宝暦14(1764)年の朝鮮通信使来日にあたり、岸和田藩が大坂での通信使接待役を命じられた際、岸和田藩士と通信使との間で交わされた筆談のメモや、通信使から贈られた詩文などを3巻に仕立てている。筆者には延享5年の正使洪啓禧の子で対潮楼(広島県福山市)に額字を残す洪景海や、宝暦14年の書記金退石などがいる。

作品所在地の地図

関連リンク

  • 岸和田市立郷土資料館

朝鮮諸人筆語詩巻チェックした作品をもとに関連する作品を探す

赤間関朝鮮通信使関係資料
赤間関朝鮮通信使関係資料

任守幹・南玉・成大中・元重挙

朝鮮通信使遺跡<BR/> 鞆福禅寺境内<BR/> 牛窓本蓮寺境内<BR/> 興津清見寺境内
朝鮮通信使来朝図
朝鮮通信使来朝図

羽川藤永筆

朝鮮通信使関係資料
朝鮮通信使関係資料

朝鮮通信使

朝鮮人来朝覚備前御馳走船行烈図
ページトップへ