魚図掛物 三木算柳筆 ぎょずかけもの みきさんりゅうひつ

日本画 / 江戸 / 日本 

三木算柳
みきさんりゅう
江戸時代/18世紀
掛幅装
38.2×54.5
1
香川県高松市
香川県立ミュージアム

文柳の弟子・算柳が描いた作品。精緻な描写、奥行の感じられない画面構成のほか、鱗部分の絹裏に箔と思われるものを貼るなど、細部まで文柳の作品に近似している。魚の表面を埋め尽くす整然とした鱗の描写などからは、算柳の高い技量がうかがわれる。

作品所在地の地図

関連リンク

魚図掛物 三木算柳筆チェックした作品をもとに関連する作品を探す

「柳に水車図・桐花図」杉戸絵
洲浜柳樹双鳥鏡
江戸から長崎迄街道図(日本橋より長崎迄道中記)
源平合戦図屏風
太刀〈銘元重/〉
ページトップへ