萩市堀内地区(武家町 山口) はぎし ほりのうちちく(ぶけまち やまぐち)

その他の画像全5枚中5枚表示

武家町 / 安土・桃山 / 山口県 


城下町萩は、毛利輝元が慶長13年(1608)に指月山に城を築き、町割をおこなったことに始まる。保存地区は三の丸にあたる堀内のほぼ全域で、藩の諸役所(御蔵元・御木屋・諸郡御用屋敷・御膳夫所・御徒士所)と、毛利一門をはじめとする大身の侍屋敷が建ち並んでいた。近世城下町の侍屋敷としての地割をよく残し、土塀越しにみえる夏蜜柑とともに歴史的風致を形成している。

関連リンク

萩市堀内地区(武家町 山口)チェックした作品をもとに関連する作品を探す

萩市堀内地区
津和野町津和野
豊岡市出石
萩市平安古地区(武家町 山口)
萩市佐々並市
ページトップへ