藤原佐理筆詩懐紙 ふじはらのすけまさひつしかいし

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 平安 / 日本 

藤原佐理
ふじはらのすけまさ
平安/10世紀
紙本墨書
32.0×45.0㎝
1幅
香川県立ミュージアム
国宝

高松松平家資料
 有名な水戸黄門(徳川光圀)は、高松藩祖松平頼重の実弟としても知られる。光圀は、兄頼重を越えて水戸徳川家を継いだことを悔い、実子を高松松平家へ養子に出し、兄の子綱條を次の当主にすえただけでなく、水戸家当主が持つべき「藤原佐理筆詩懐紙」など水戸家伝来の家宝を兄に譲った。
 藤原佐理は、「三蹟」と称えられる平安時代の書の名人。佐理の書で最も古い「詩懐紙」には、若き佐理が詠んだ美しい春の詩が綴られている。先人の書と一線を画す、S字の運筆、起筆は軽く終筆は重いグラデーションなど見どころは多い。現存する最古の詩の懐紙としても貴重。

作品所在地の地図

関連リンク

藤原佐理筆詩懐紙チェックした作品をもとに関連する作品を探す

藤原佐理筆詩懐紙
後西天皇宸翰 御懐紙
松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
紙本墨書 花園天皇宸翰御消息
ページトップへ