銅獅子鎮柄香炉 どうししちんえごうろ

工芸  金工 / 奈良 / 日本 

奈良時代/8世紀
銅鋳製
長41.4
1柄

柄香炉は手炉ともいい,僧侶がこれを手にして香を焚き,仏を供養するのに用いる。とくに柄の先端の鎮子を獅子にしているところから獅子鎮柄香炉と呼ばれているが,類品が中国,朝鮮半島からも出土している。日本では飛鳥時代の鵲尾形柄香炉についで奈良時代に盛行した。

作品所在地の地図

関連リンク

銅獅子鎮柄香炉 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

鵲尾形柄香炉
金銅柄香炉〈鵲尾形/(法隆寺献納)〉
柄香炉〈獅子鎮/〉
柄香炉〈鵲尾形/〉
青磁獅子紐三足香炉
ページトップへ