ギョーム・アポリネールの肖像 ぎょーむあぽりねーるのしょうぞう

版画  銅版画 / ヨーロッパ 

ルイ マルクーシ (1883-1941年)
まるくーしるい
1912~20年
紙,エッチング アクアチント ドライポイント
49.5 x 27.8cm,62.0 x 44.0cm

 1903年からアカデミー・ジュリアンで学び、また印象派の明るい色彩の影響を受ける。1907年サロン・ドートンヌに出品した。マルクーシは、『La Vie Parisienne』のような評論のためのユーモラスなドローイングを描いてパリで何年か過ごした後、1911年-1912年にキュービスト版画を制作しはじめた。彼は直ぐに版画制作に没頭するようになり、210点のエッチングやドライポイントによる印象的な作品を制作した。

作品所在地の地図

関連リンク

ギョーム・アポリネールの肖像チェックした作品をもとに関連する作品を探す

しゃがみこむ女
しゃがみこむ女

エゴン シーレ

黄昏の古路
黄昏の古路

ル・シダネル、アンリ

鏡

ヴァシリー カンディンスキー

窓辺の女
窓辺の女

エドゥワール ヴュイヤール

母と子(幻影II)
母と子(幻影II)

ヴィルヘルム レームブルック

ページトップへ