三角縁神獣鏡 さんかくえんしんじゅうきょう

考古資料  金属製品類 / 古墳 / 日本  近畿  奈良県 

古墳時代前期
青銅製
径21.8cm
1面
奈良県山辺郡都祁村 光伝寺裏山古墳
重要美術品

神像と獣形を交互に配置した三神三獣鏡である。三神は三尊型式で、さらに一獣に神像一体を添えた珍しい構図をもつ。獣形はいずれも側面形であるが、頭部は正面形をとっている。銘帯には「吾作明…」で始まる25字からなる銘文がある。同笵鏡として、今治市国分古墳出土鏡一面が知られている。

作品所在地の地図

関連リンク

三角縁神獣鏡チェックした作品をもとに関連する作品を探す

三角縁神獣鏡
画文帯仏獣鏡(求心式四仏四獣鏡)
奈良県佐味田宝塚古墳等出土品
三角縁神獣鏡
北和城南古墳出土品(奈良県北部または京都府南部出土)
ページトップへ