朱漆木瓜紋鞍 しゅうるしもっこうもんくら

工芸  金工 / 室町 / 日本 

室町時代
朱漆塗 軍陣鞍
前輪高28.0cm 前輪馬挟幅33.0cm 後輪高28.0cm 後輪馬挟幅39.0cm 居木長26.2cm 居木幅9.3cm
1脊

手擦れによって朱漆塗りの下から下塗りの黒漆が覗く、いわゆる根来塗の簡素な作りとなっているが、後輪の鞍先にいたる力強い造形美は、中世の「軍陣鞍」の特徴をよく示している。前輪・後輪の中央に据えられた「五つ木瓜紋」は、螺鈿あるいは金貝によって表されていたと考えられ、現状ではその痕跡をとどめるばかりである。

作品所在地の地図

関連リンク

朱漆木瓜紋鞍チェックした作品をもとに関連する作品を探す

沃懸地獅子螺鈿鞍
萩螺鈿鞍
梨子地矢筈蒔絵鞍・鐙
平目地梅樹蒔絵鞍
鋸歯文蒔絵鞍
ページトップへ