金箋山水図 きんせんさんすいず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

野呂介石 (1747-1828)
のろかいせき
江戸時代後期/1816
絹本淡彩
縦168.6cm,横60.5cm
1幅

 野呂介石(1747~1828)は、町医師・野呂方紹の第5子として和歌山城下に生まれ、京で長崎派の画僧・鶴亭や南画家・池大雅に師事して画法を学んでいる。また、大坂の木村蒹葭堂や和歌山の桑山玉洲らと親しく、自らも門人を多く育てた。寛政5年(1793)以降紀伊藩に仕え、領内を広く踏査している。本品は介石70歳の時の作品で、上部には中国・元時代末の文人画家・呉鎮の詩を自賛している。近景と中景の間に広い余白を設け、松や遠山をリズミカルに配した整理された構図で、中国絵画を学習した形跡が顕著にうかがわれる。なお、地の絵絹には全体に細かい砂子状の金箔が散らしてあり、これを金箋という。

作品所在地の地図

関連リンク

金箋山水図 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

野呂介石 雪景山水図
那智三瀑図
那智三瀑図

野呂介石

松林閑居図
松林閑居図

野呂介石

雲鶴清暁図
雲鶴清暁図

桑山玉洲

松林山水図 
松林山水図 

野際白雪

ページトップへ