瑞芝焼 青磁東方朔桃耳花生 ずいしやき せいじとうぼうさくももみみはないけ

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  近畿 

 
江戸時代後期
陶磁器
口径22.4cm,高さ44.2cm
1口

 本品は、古銅器を模した外形で、胴部の正面と背面に桃の実を捧げる東方朔を高肉であらわし、左右に桃の実と葉を象った耳(把手)を付けた大型の花生で、不老長寿を主題とする。口縁部と胴部下方に古銅器の文様を簡略化した文様帯をめぐらし、潤沢に青磁釉をかけている。造作・焼成ともに優秀で、瑞芝焼の最高傑作と目されるものである。箱書によると、天保9年(1838)に願泉寺(現・大阪市浪速区大国)の住職・英龍が紀伊藩主・徳川斉順から拝領したものという。

作品所在地の地図

関連リンク

瑞芝焼 青磁東方朔桃耳花生チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑞芝焼 青磁鳳凰文獅子鈕香炉
瑞芝焼 青磁菊透文手焙
瑞芝焼 青磁六ツ葵唐草文火鉢
雲文鑑
東方朔図
東方朔図

月僊

ページトップへ