児島高徳騎馬図 こじまたかのりきばず

日本画 / 江戸 / 大分県 

松平近儔 (1754-1840年)
まつだいらちかとも
大分県
江戸時代後期/18-19世紀
絹本着色
縦91.8×横38.5㎝
1幅

豊後国府内藩6代藩主大給松平近儔(号は不騫)の作で、南北朝時代、南朝の忠臣児島高徳が後醍醐天皇への忠義心を示した故事を描く。近儔は歴代藩主の中で絵を得意とし、大分市内の寺社や個人に作品が残っている。

作品所在地の地図

関連リンク

児島高徳騎馬図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

松平忠昭中津留屋敷絵図
日根野時代府内藩領図
御城下絵図
豊後府内藩船之図
松平頼啓書〈西条藩松平家伝来〉
ページトップへ