三世大谷鬼次の奴江戸兵衛 さんせいおおたにおにじのやっこえどべえ

版画  木版画 / 江戸 / 日本 

東洲斎写楽筆
とうしゅうさいしゃらく
江戸時代/寛政6年(1794)
大判 錦絵
縦36.8 横23.6
1枚

写楽(生没年不詳)は,寛政6年5月からわずか10ヶ月ばかり活躍して姿を消した謎の絵師。脂粉を通り越して,役者の素顔にまで迫ろうとした似顔絵で有名。本図は河原崎座の「恋女房染分手綱」(こいにょうぼうそめわけたずな)に取材したもの。敵役に挑みかかるような仕草と,憎々しげな表情が素晴らしい。

作品所在地の地図

関連リンク

三世大谷鬼次の奴江戸兵衛 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

市川鰕蔵の竹村定之進
市川鰕蔵の竹村定之進
版画寛政六年五月興行江戸三座役者似顔絵〈東州斎写楽筆/錦絵、竪大判〉
「松本米三郎のしのぶ」
見立浄瑠璃十二段
見立浄瑠璃十二段

杉村治兵衛筆

ページトップへ