土偶付深鉢 どぐうつきふかばち

考古資料  土器・土製品類 / 縄文 / 日本 

縄文時代中期
縄文土器 勝坂式
口径24.1cm 高42.3cm 土偶部分高14.7cm
1点
 

縄文土器の口縁部に、全身像の土偶が付けられるものである。本資料のような土偶を付けるものは時期と分布範囲が限られ、数は多くないが、縄文前期から 中期の長野・山梨・東京といった中部山岳から関東に集中している。用途はあきらかでないが、祭祀にともなう神人共食の器とみなす説もある。縄文人の精神世界を窺わせる資料である。

作品所在地の地図

関連リンク

土偶付深鉢チェックした作品をもとに関連する作品を探す

把手付深鉢
山梨県酒呑場遺跡出土品
土偶 長野県富士見町坂上遺跡出土
寺原遺跡出土の線刻画土器
鈴谷式土器
ページトップへ