畳泉密竹図 じょうせんみっちくず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

山本梅逸(1783~1856)筆
やまもとばいいつ
江戸時代後期
絖本墨画
本紙縦129.7cm 横51.2cm
1幅
重要美術品

幾重にも積み重なった滝、密生する竹林をぬけて走る沢を描く筆遣いは、細やかに柔らかく押えられ、絖地のつやと相まって、潤いのある瀟洒な空間が描かれている。山水画の注文を受けた時には、中林竹洞を紹介したと伝えられるが、決してその技量が劣っていたからではないことを示す作品である。梅逸の表現力が頂点に達する、弘化~嘉永頃の作品と見られる。

作品所在地の地図

関連リンク

畳泉密竹図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花卉草虫図
花卉草虫図

山本梅逸(1783~1856)筆

青緑山水図
青緑山水図

中林竹洞(1776~1853)筆

琵琶湖真景図
琵琶湖真景図

中林竹溪(1816~1867)筆

八松双鷹図
八松双鷹図

山本梅逸筆

四季花鳥図屏風
四季花鳥図屏風

山本梅逸(1783~1856)筆

ページトップへ