尾張名所図会 前編 おわりめいしょずえぜんぺん

歴史資料  文書・書籍 / 江戸 / 日本 

岡田啓・野口道直編 小田切忠近(春江)他画
おかだけい のぐちみちなお おだきりただちか(しゅんこう)
江戸時代後期/天保十五年(1844)刊
版本 袋綴装
縦28.4cm 横19.9cm
7巻7冊

尾張八郡の名所・風俗・物産などを広範に収録した絵入りの地誌で、当地方の基本資料として頻繁に引用されている本である。版本が非常に多く残っているが、本書は初刷り本で、しかも表紙に金箔を散らすなどの装飾を施した特装本である。保存状態も極めて良く、諸版本中の白眉とも言うべき一本である。

作品所在地の地図

関連リンク

尾張名所図会 前編チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紀伊国名所図会
紀伊国名所図会

高市志友(出版)

和名類聚抄
和名類聚抄

源順編 智門院本嬰子筆

医心方(半井家本)
東街便覧図略
東街便覧図略

高力種信編・画

薩藩旧記雑録
ページトップへ