太刀 銘 正恒 たち めい まさつね

工芸  金工 / 平安 / 日本 

平安/12世紀
身長72.0 中心長14.5
一口
国宝

正恒は、友成とともに古備前を代表する名工である。平安時代後期の人と伝えられているが、正恒銘のある現存太刀には、鎌倉時代初期と思われる作品もあるため、今日では、正恒と称した刀工が数人存在したと考えられている。腰反り高く、踏張りの強いこの太刀には、古雅の風があると賞讃されている。延享二年(一七四五)八代将軍吉宗より尾張九代宗睦が拝領した。

作品所在地の地図

関連リンク

太刀 銘 正恒チェックした作品をもとに関連する作品を探す

太刀〈銘正恒/〉
太刀〈銘正恒/〉
太刀〈銘正恒/〉

古備前正恒

太刀  銘 光忠
太刀  銘 国宗
太刀 銘友成作
ページトップへ