瀕海都城図 ひんかいとじょうず

絵画  油彩画 / 江戸 / 日本 

荒木如元筆
あらきじょげん
江戸時代
布地油彩
91.3×60.8cm
池長孟コレクション

 輸入品とおぼしきキャンバスを用いた油彩画。無落款だが、人物描写にみられる独特の筆癖から如元の手になるものと推定される。
 荒木如元(1765~1824年)は長崎の人。本姓は一瀬(いちのせ)氏、通称を善十郎という。唐絵目利(からえめきき・輸入中国画の鑑定職)荒木元融(げんゆう)の養子となり、その職を継いだ。元融の実子・石崎融思(ゆうし)から硝子(びいどろ)画法を盗み学んだといい、「専(もっぱ)ら蛮画を巧(たくみ)にす」と評されるとおり、油彩画に卓越した手腕を示した。本図も長崎へ輸入された西洋画の直摸に近い作品と考えられるが、画面からはほとんど和臭を感じさせず、そのテクニックは江戸時代洋風画家の中でも、とびぬけてすぐれている。

作品所在地の地図

関連リンク

瀕海都城図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

花籠と蝶・花鳥の阿蘭陀風景図
絹本著色相州鎌倉七里浜図〈司馬江漢筆/二曲屏風〉
羅漢渡水図巻
羅漢渡水図巻

隠元序 木庵跋 逸然性融筆

長崎港図
長崎港図

石崎融思

老人読書図
老人読書図

伝信方筆

ページトップへ