和歌浦天橋立図屏風 わかのうらあまのはしだてずびょうぶ

絵画  日本画 / 江戸 / 日本  近畿 

江戸時代中期
紙本著色
各隻縦93.8cm,横272.0cm
6曲1双

 和歌浦と天橋立を一双に描いた名所図屏風である。和歌浦隻は、画面左に紀三井寺、それに向かい合わせて右に東照宮を描く。中央下、砂州の岩山に抱かれた社殿は玉津島神社であろう。右端下に和歌山城、右端上には天満宮を添えている。海と陸との参詣人の描写も細かく興味深い。一方、天橋立隻では、雪舟筆「天橋立図」(国宝)とほぼ同様の視点で、中央から右寄りに天橋立を配置し、その左に智恩寺、画面の右端に籠神社・成相寺を描く。

作品所在地の地図

関連リンク

和歌浦天橋立図屏風 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

和歌浦図屏風
和歌浦名草山図屏風
和歌浦図屏風
源平合戦図屏風
太閤花見図屏風
ページトップへ