南画 「山水図」 なんが

東洋画(日本画を除く) / 江戸 / 日本 

氏家龍渓
うじえりゅうけい
1775~1834
山形県鶴岡市
致道博物館

氏家龍渓は
本名剛太夫、天爵とも号した。荘内藩士で、文化2年藩校致道館司書となり、その後普請場目付、中間頭、御供目付、大納戸を歴任し、天保2年官職を辞した。文藝万般に通じた希にみる才人として知られ、恒南元政に学んで絵をよくし、書に通じて致道館版「易経」の版下を書き篆刻にも優れた。また琴を弾く名手としても有名である。

作品所在地の地図

関連リンク

南画 「山水図」チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南画 「山水図」
小林次郎コレクション 石井子龍
致道館祭器 附絹本著色聖賢画像1幅
酒井氏庭園
旧致道館
ページトップへ