教導立志基 木戸孝允夫人松子 きょうどうりっしのもとい きどたかよしふじんまつこ

木版画 / 明治 / 東京都 

水野年方 (1866~1908)
みずのとしかた
東京都
明治23年/1890年
大判錦絵
縦35.6、横23.5(cm)
1枚
山口県萩市大字堀内355番地
萩博物館

和服姿の木戸孝允夫人松子を描いた錦絵。松子(号は翠香院)はもと京都三本松の芸者で「幾松」(いくまつ)と称した。木戸(当時は桂小五郎)とはそのころに知り合い、元治元年(1864)の池田屋事件に際しては、新選組の激しい追及にも屈することなく木戸をかくまったと伝えられる。この絵図は、追っ手から逃れるため、床下にかくまわれたといわれる木戸のもとに、握飯を運ぶ幾松の様子を表している。二人は明治維新後に結婚した。

作品所在地の地図

関連リンク

教導立志基 木戸孝允夫人松子チェックした作品をもとに関連する作品を探す

教導立志基 高杉晋作
木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

木戸孝允手習
木戸孝允手習

木戸孝允

手塚律蔵書簡
手塚律蔵書簡

手塚律蔵

大日本海陸軍一覧
ページトップへ