今野家住宅 こんのけじゅうたく

建造物  住居建築 / 江戸 / 日本  東北  宮城県 

江戸時代(明和六年)/1769年
桁行12間・梁間6間・木造・石場建・寄棟・茅葺
1棟
県指定有形文化財

今野家住宅は、宮城県東北部、北上町橋浦<きたかみまちはしうら>にあった民家を移築し、建築された当時の姿に復元したものである。今野家は、江戸時代、桃生郡橋浦村<ものうぐんはしうらむら>の肝入<きもいり>を代々勤めてきた由緒ある家柄である。母屋は桁行12間、梁間6間、礎石の上に柱を直接建てる石場建て形式を取り、屋根は寄棟造で茅葺き。内部は正面右手に土間、その左手に田の字型の四室を取り、さらに左手に畳敷きの座敷が2室付く。記録によると、この母屋は1769(明和6)年の春に建てられており、屋敷の中では最も古い建物

作品所在地の地図

関連リンク

今野家住宅チェックした作品をもとに関連する作品を探す

今野家住宅  中門
家作手伝覚帳(今野家文書)
家作手伝覚帳(今野家文書)

橋浦村喰迫屋武内

桃生郡橋浦村諸役御改帳(今野家文書)
居家改書上(今野家文書)
居家改書上(今野家文書)

橋浦村組頭三右ェ門他五名

橋浦村絵図(今野家文書)
ページトップへ