一休和尚像 いっきゅうおしょうぞう

絵画  日本画 / 室町 / 日本 

墨斎筆一休自賛語
ぼくさい いっきゅう
室町時代/15世紀
紙本着色
縦43.7 横26.1
1幅
岡崎正也氏寄贈

室町時代前期の禅僧,一休宗純(1394-1481)の肖像画である。多くの一休像の中で,最も生なましい印象を与える作品であり,日本の肖像画中,屈指の出来映えを誇る。画面上方の一休自作の賛を書いたのは弟子の墨斎である。かつて画像の作者も墨斎とされたが,そうではなく専門画家であろう。本図は,もともと60歳代以降の一休像の下絵として使われていたものを,墨斎筆の賛と併せて表装し,1幅の肖像画に仕立て上げた作品と推測される。

作品所在地の地図

関連リンク

一休和尚像 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

紙本淡彩一休和尚像〈墨斎筆ノ一休/〉
安東円恵像
佐藤一斎像
佐藤一斎像

渡辺崋山筆

破墨山水図
破墨山水図

雪舟筆 雪舟自序月翁周鏡等六僧賛

大道一以像
大道一以像

伝明兆筆

ページトップへ