彩雨

日本画 

川合玉堂 (1873-1957)
カワイ、ギョクドウ
昭和15年/1940
彩色・絹本・軸・1幅
87.7×116.7
左中央に落款、印章
紀元2600年奉祝展 東京府美術館 1940

42 川合玉堂 彩雨 1940年
 本図は1940年の紀元2600年奉祝展に出品された玉堂の代表作のひとつ。水車を打つ流れの音と彩られた紅葉を遠く叩く雨音が呼応して聞こえるようだ。玉堂は四条派と狩野派を学んで独自の温和な風景描写を確立した、近代日本画史上忘れられない画家といえようが、この作品に見られる自然と画家との親密な関係こそ、その画業を支えるものであった。この作品が発表されたまさにその月に大政翼賛会が結成されるという世情不安の中で、ひたすら自然美とそこに生活する人々にむけられる画家のまなざしは、日本人への慰藉にみちている。

作品所在地の地図

関連リンク

彩雨チェックした作品をもとに関連する作品を探す

行く春
行く春

川合玉堂

朝もや
朝もや

川合玉堂

紙本著色行く春図〈川合玉堂筆/六曲屏風〉
二日月
二日月

川合玉堂

溪村春麓図
溪村春麓図

川合玉堂

ページトップへ