熊毛植黒糸威具足 くまげうえくろいとおどしぐそく

工芸  金工 / 安土・桃山  江戸 / 日本 

桃山-江戸/16-17世紀
一領
徳川家康所用

 桐製黒漆の大きな水牛の角を象った立物が兜の両側に高く突き出し、胴・小手・草摺など総体に熊の毛を植え付け、黒糸で威した具足である。全身真黒の中に、真紅の面頬がいかにも鮮やかである。奇抜な意匠は、当世具足の特徴をよく示している。尾張家寛政三年「東照宮御譲道具帳」に「東照宮御召」とあり、名古屋城小天守閣内に特別な場所を設けて安置してあった。

作品所在地の地図

関連リンク

熊毛植黒糸威具足チェックした作品をもとに関連する作品を探す

熊毛植二枚胴具足
朱塗黒糸威二枚胴具足 兜、小具足付 一具
黒糸威二枚胴具足〈兜・小具足付/(榊原康政所用)/〉
色々糸威二枚胴具足
紫糸威伊予札四枚胴具足
ページトップへ