葵紋散螺鈿黄金造飾太刀拵 あおいもんちらしらでんこがねつくりたちごしらえ

その他の画像全2枚中2枚表示

工芸  金工 / 江戸 / 日本 

江戸/17世紀
長89.8
一腰
徳川義直(尾張初代)所用

葵紋唐草を透し彫にして宝石を散りばめた純金の総金具を付け、鞘は梨子地に平蒔絵で唐草が施され、金貝・蒔絵・螺鈿で葵紋をならべている。尾張徳川家は大納言を極官としたが、この太刀拵は武家としてではなく、大納言として公卿の立場に立つときに用いた。初代義直が佩用した。

作品所在地の地図

関連リンク

葵紋散螺鈿黄金造飾太刀拵チェックした作品をもとに関連する作品を探す

梨子地葵紋散糸巻太刀拵
金梨子地隅切葵紋散鞘毛抜形太刀拵
村梨子地葵紋散葵唐草蒔絵沈割箱
梨子地杏葉紋付糸巻太刀拵
金梨地菊紋蒔絵糸巻太刀拵
ページトップへ