一路功名図 いちろこうみょうず

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

熊斐筆
ゆうひ
江戸時代
絹本淡彩
117.3×46.2cm

 熊斐(1712~1772年)は本名を神代(くましろ)彦之進(のち甚左衛門)といい、長崎の唐通事(とうつうじ・中国語通訳)の家に生まれた。熊斐という名は中国式の呼称。享保16年(1731)長崎へ渡来し、その写実的作風で江戸時代画壇に強い影響を与えた花鳥画家・沈南蘋(しんなんぴん)に直接師事した唯一の日本人。のち多くの弟子を育て、南蘋様式を全国に広めた。
 款記に「一路功名到白頭之句 繍江熊斐補圖」とあり”ひたすら立身出世を志して年齢を経る”という吉祥語句を、1羽の鷺((ろ))と「一路」、頭上を飛ぶシロガシラと「白頭」の語呂合わせで表現した謎語画題とわかる。画面は中彩色を用いて淡雅に整えられ、「熊斐印」「淇瞻」の2印に「興到筆随」の遊印を捺す。尾張徳川家に伝来した。

作品所在地の地図

関連リンク

一路功名図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

寒梅綬帯鳥図
寒梅綬帯鳥図

宋紫石筆

韓天寿賛天産奇葩図
百合に猫図
百合に猫図

増山雪斎

桃に鹿図・巌浪双鶴図
牡丹綬帯鳥図
牡丹綬帯鳥図

鶴亭筆

ページトップへ