農婦

絵画  油彩画 / 大正 / 日本 

黒田清輝
くろだせいき
1914年
油彩・カンヴァス
60.5 x 45.5cm

この年の夏を鎌倉で過ごした黒田は、その地の周辺の風景と生活をモチーフとした田園情趣の作品を描きはじめた。素朴な農民の姿も彼の画筆の対象となる。のちの《茶休》《栗拾い》などへつながっていく作品の系列のはじまりであった。

作品所在地の地図

関連リンク

農婦チェックした作品をもとに関連する作品を探す

栗拾い
栗拾い

黒田清輝

昼寝
昼寝

黒田清輝

枯れ野原(グレー)
嵐

黒田清輝

画室の一隅
画室の一隅

黒田清輝

ページトップへ