石川郡北山形県村絵図 いしかわぐんきたやまがたむらえず

歴史資料  絵図・地図 / 江戸 / 日本  東北  福島県 

長百姓 庄七、組頭 十三郎、組頭 継右衛門、庄屋 添田勇蔵(それぞれ黒印)
享和二戍年十一月
絵図
31.9×64.8
1鋪
前所蔵者住所:名取市

北山形県村は、現在の福島県県石川郡石川町大字北山形県にあたる地域に、江戸時代から明治二十二年まであった村名である。この村は、当初会津藩領であったのが、寛永四(1627)年に白河藩領となり、次いで寛保元(1741)年には越後高田藩領、そして文化六(1809)年に幕府領となって明治維新を迎えた。この絵図は、もともと享和二(1802)年に作られたものだが、文化二(1805)年にこの地域の支配の中心であった浅川陣屋が焼失したため、改めて写されたもの。

作品所在地の地図

関連リンク

石川郡北山形県村絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

石川郡北山形県村絵図
石川郡北山形県村絵図

石川郡山白石組北山形県村名主 添田祐蔵

石川郡北山形県村絵図
石川郡北山形県村絵図
石川郡北山形県村絵図
山白石組北山形県村絵図
山白石組北山形県村絵図

御中老役 鈴木半兵衛様

ページトップへ