豊国祭礼・祇園観桜図屏風 ほうこくさいれいぎおんかんおうずびょうぶ

その他の画像全2枚中2枚表示

絵画  日本画 / 江戸 / 日本 

江戸時代前期
紙本金地着色
本紙縦111.0cm 横279.0cm
6曲1双

豊国神社の祭礼や、祇園社での花見ににぎわう京都東山の様子を描く。徳川氏の支配体制が固まるにつれ、京都は次第に落ちつきをとりもどしていくが、本図も時代の雰囲気を受け、そこにはもう豊国祭礼に対する狂騒は感じられない。洛中洛外図の伝統に立ち戻り、祭礼は東山の名所の一つにおさまっている。江戸時代に入ってよりの穏やかな秀吉追慕の心が感じられる。

作品所在地の地図

関連リンク

豊国祭礼・祇園観桜図屏風チェックした作品をもとに関連する作品を探す

洛中洛外図屏風
洛中洛外図屏風
豊国祭礼図屏風
豊国祭礼図屏風

伝岩佐又兵衛

紙本金地著色洛中洛外図〈/六曲屏風〉
太閤花見図屏風
ページトップへ