織部扇形蓋物 おりべおうぎがたふたもの

工芸  陶磁 / 安土・桃山 / 日本 

美濃
みの
桃山時代/17世紀
陶器
総高11.0 径28.5×23.7
1口

美濃窯は慶長年間に織部と呼ばれる作風を樹立し,破格の造形美を作り出した。この扇形蓋物は伝統図象である扇形を翻案した作品で,その造形は円形の鉢という既製の基本概念にとらわれず意表をついている。織部独特の緑釉と銹絵の組み合わせ意匠取りも自在で,思いまかせの創意が器全体にみなぎった織部焼の代表作である。

作品所在地の地図

関連リンク

織部扇形蓋物 チェックした作品をもとに関連する作品を探す

織部魚鱗文俎板角鉢
織部魚鱗文俎板角鉢

北大路魯山人

織部松皮菱形手鉢
織部大徳利
黒織部茶碗(冬枯)
織部松千鳥文四方蓋物
ページトップへ