瑞芝焼 青磁鳳凰文獅子鈕香炉 ずいしやき せいじほうおうもんししちゅうこうろ

工芸  陶磁 / 江戸 / 日本  近畿 

 
江戸時代後期
陶磁器
口径18.7cm,高さ32.8cm
1基

 身部は、全面にわたって鳳凰唐草文を線刻し、炎形の耳と三足を付ける。また、火舎は口縁部に雷文圏帯をめぐらし、上部には大ぶりの半截菊花文を配して、唐獅子形の鈕を付ける。身・火舎ともに透明度の高い青磁釉をかけるが、身の方が幾分厚目である。瑞芝焼青磁の香炉として、本品は細工の丁寧さ・意匠・焼成の良さ・法量といった点において、群を抜く出来映えのもので、香炉だけに限らず、広く瑞芝焼の青磁を見渡してみても、代表作の一つとすることができるであろう。

作品所在地の地図

関連リンク

瑞芝焼 青磁鳳凰文獅子鈕香炉チェックした作品をもとに関連する作品を探す

瑞芝焼 青磁六ツ葵唐草文火鉢
瑞芝焼 青磁東方朔桃耳花生
瑞芝焼 青磁菊透文手焙
鍍金獅子鈕雲龍文牡丹耳香炉
青磁獅子紐三足香炉
ページトップへ