清拙正澄墨蹟 平心字号 せいせつしょうしょうぼくせき ひょうしんじごう

その他の画像全2枚中2枚表示

 / 鎌倉 / 日本 

清拙正澄 (1339没)
せいせつしょうしょう
鎌倉/14
紙本墨書
32.5×64㎝
1幅
香川県立ミュージアム
重要文化財

 高松松平家歴史資料。
 鎌倉時代に来日した中国の禅僧清拙正澄が、弟子の処斉に与えた字号に続く偈頌(詩句)。「平心」という字号を書いた部分は切り離され、別に伝えられている。もと徳川将軍家の蔵品であったが、所蔵先を転々として松平家に伝わった。一字一句が謹厳な筆運びで、茶人の間で珍重されてきた墨蹟である。

作品所在地の地図

関連リンク

清拙正澄墨蹟 平心字号チェックした作品をもとに関連する作品を探す

清拙正澄墨蹟〈平心字号/(嘉暦戊辰之秋)〉
紙本墨書 月江正印墨跡印可状
清拙正澄筆 法語
清拙正澄筆 法語

清拙正澄筆

南院国師忌拈香偈
南院国師忌拈香偈

清拙正澄筆

清拙正澄墨蹟〈偈頌/庚午孟秋十有七日〉
ページトップへ