南画 雪江獨釣図 せっこうどくちょうず

東洋画(日本画を除く) / 明治 / 日本 

楠 瓊州 (1892~1956)
くすのき げいしゅう
明治/1892~1956
水墨
1
山形県鶴岡市
財団法人 致道博物館

楠瓊州は広島県尾道市生まれ、本名は善二郎。明治40年に京都に出て田能村直入門下の服部五老に師事して南画と漢籍を学び、明治43年南画家江上瓊山に師事した。新しい南画の研究を続け、富岡鉄斎や浦上玉堂に傾注したり、晩年は梅原龍三郎や中川一政らの影響も受け、油絵・水彩・南画の融合を試み、新日本画確立の工夫をしたりした。多くの漢詩や和歌もつくり、書や篆刻にも優れた。熱心な日蓮宗信者で晩年は困窮の中で次第に画境を鈍化し、何のとらわれもない自然な境地に立ち至って作品を制作、昭和31年あばらやの自宅でなくなった。

作品所在地の地図

関連リンク

南画 雪江獨釣図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

南画 「山水図」
南画 猗廬索句図
南画 「山水図」
大橋コレクション 斎藤真成 
海浜
海浜

萬 鐵五郎

ページトップへ