戦災で消えた大分中心部復元絵図 せんさいできえたおおいたちゅうしんぶふくげんえず

その他の画像全6枚中6枚表示

絵図・地図 / 昭和以降 / 大分県 

作:加藤貞弘 絵:首藤詔子
昭和時代/1979年頃(昭和54頃)
紙本着色
縦39.0×横54.7㎝他
6面

昭和20年7月16日の大空襲で焼き尽くされる以前、昭和16年頃の大分市中心部の町並みを、加藤貞弘氏が字図や聞取り調査をもとに復元し、日本画家の首藤詔子氏に依頼して描いたもの。①「駅前光西寺辺之図」・②「竹町本町辺之図」・③「細工町・魚町・西小路町・白銀町・茶屋町・下柳町・塗師町・田町・下紺屋町・寺町・今在家町・北新町・堀川町」・④「荷揚町辺之図」・⑤「南新地桧物町辺之図」・⑥「外堀辺之図」の全6枚からなる。地割ごとに当時の居住者や店の名前が記入され、県庁・県議会議事堂などの主要な建造物においては、その外観までが描かれている。

作品所在地の地図

関連リンク

戦災で消えた大分中心部復元絵図チェックした作品をもとに関連する作品を探す

大分町図
大友氏遺跡
府内古図 
慶長御積絵図
瀬戸内航路図
ページトップへ